加齢臭石鹸情報局:トップ > 加齢臭 シャンプー
加齢臭対策や予防になるシャンプーとしては加齢臭の原因、ノネナールの発生原理に着目したシャンプーが注目です。
加齢臭を洗い落とすこだわりの柿渋石鹸、売上げナンバー1の秘密とは…
クリック♪全国のオヤジが笑顔になった!驚きの石鹸が登場!

加齢臭 シャンプー

加齢臭シャンプーは一般のシャンプーに比べて頭皮に対する刺激が少なく、

また、加齢臭の原因となる脂肪酸や過酸化脂質をやさしく洗い流す事で

細菌の繁殖を防ぎ、加齢臭をはじめとした頭皮、毛髪のニオイを抑えてくれる効果があります。

「加齢臭を防ぐ石鹸」に比べれば認知度はまだ若干低めですが、

現在数種類が販売されております。

一般的に広く利用されている石油系のシャンプーとは異なり、

天然成分を主としたものが大半で頭皮にも、環境にもやさしいシャンプーが多いです。    

 

またシャンプーは洗い方も重要です。

加齢臭を抑える理想的なシャンプーの方法は下記のとおりです。

 

1.まずはお湯だけで洗う

シャンプーの前にまずはお湯だけで洗う習慣をつけましょう。

頭皮を指の腹で優しく揉むようにしっかりと洗います。

髪の毛は丁寧にすすぐ程度で充分です。

このお湯洗いの段階で髪の毛の汚れの約60%を落とす事が出来ます。

 

2.シャンプーで洗う

シャンプーを手に取り、お湯を足して充分に泡立てます。

泡立てたシャンプーを頭皮につけ先ほどのお湯洗い同様、

頭部全体を指の腹で揉むように丁寧に洗います。

この時、頭皮に爪が当たらない程度に指を立てるのがコツです。

加齢臭シャンプーに比べ、一般のシャンプーは洗浄力が強いものが殆どです。

頭皮、髪の毛を傷めない為にシャンプーの量は適量で。

洗髪はなるべく短時間に済ませましょう。

    

3.すすぎ

以外におろそかになっている方が多いようです。

シャンプーが頭皮や髪の毛に残っているとニオイの原因になる場合もありますし、

何より頭皮や髪の毛によくありません。

シャンプーがしっかり落ちきるように丁寧にすすぎましょう。

 

4.髪の毛の乾かし方

濡れた髪の毛は傷つきやすくなっています。タオルでゴシゴシこするのは避けましょう。

頭にタオルをかぶせ髪の毛にタオルを押し当てるようにしてから

指先でポンポンとつまむように、はじくような感じで水分を取ります。

ロングの場合は タオルで髪を挟み込むようにして

パンパンと軽くたたく様にして水分をとるとよいでしょう。

最後に、ドライヤーで髪の毛を乾かします。

ただし、ドライヤーの高熱で一気に乾かそうとすると髪を痛めてしまいます。

ゆっくり、優しく乾かすようにしましょう。

    

以上が加齢臭を抑える理想的なシャンプーの方法です。

加齢臭に悩む方のなかにはニオイを気にするあまり

1日に何度もシャンプーする方がいるようですが、あまりお勧めできません。

と、いうのも洗いすぎは頭皮、毛髪を痛め、

かえってニオイを強くしてしまう場合が多いからです。

シャンプーは一日一度まで。に抑えておきましょう。

最後に今イチバンおすすめの加齢臭対策石鹸をご紹介します。加齢臭を洗い落とすこだわりの柿渋石鹸です。楽天などでの売上げナンバー1にはもちろん理由があります。その秘密を見てみる▼
クリック♪全国のオヤジが笑顔になった!驚きの石鹸が登場!
申し込んでみると、こんなセットが届きます

IT用語